院長コラム

COLUMN

眼瞼けいれんに対するボトックスについて

2021.04.28

当クリニックでは『ボトックス(ボツリヌス毒素)』による治療を開始します。
「眼瞼けいれん」や「片側顔面けいれん」は、まぶたや口元が不随的にけいれんするという症状が典型的ですが、初期症状として目や目の周囲に違和感や異物感がある、まばたきが多い、眩しい、目を開けているのがつらい、目がショボショボする、といったドライアイとよく似た症状もあります。本治療法は、これらの症状に対して最も有効な治療法と考えられています。
ボトックスは筋肉の緊張をやわらげる作用があります。まぶたのまわりの緊張している筋肉にボトックスを直接注射することで、筋肉のけいれんや収縮の原因になっている神経の働きを抑え、緊張しすぎている筋肉を緩めるものです。
ボトックス治療の効果は通常2~3日後から現れ、おおむね2~4ヶ月ほど効果が続きます。効果が弱まってくると、再びけいれんの症状が出てきますので、繰り返し注射を行う必要があります。副作用として、皮下出血、閉瞼不全、眼瞼下垂、視力低下などが起こる場合がありますが、いずれもボトックスの効果が切れると改善します。
治療を受けた方の80%で症状の改善が得られるという統計が出ていますが、効果の出方や持続時間、また副作用の出現率には個人差があります。また、片眼のまぶたがピクピクと小刻みに動く「眼瞼ミオキミア」との鑑別も必要です。
目のまわりや顔のけいれんでお悩みの方は一度ご相談下さい。  (副院長 記述)

カテゴリー| 眼瞼(まぶた)疾患

アレルギーの原因検査キットの導入

2021.04.28

花粉症の時期も終わりに差し掛かり、目のかゆみを訴える方も次第に少なくなってきました。しかし、いまだにかゆみが収まらない方、花粉症の時期だけでなく一年を通じてかゆみが継続するアレルギー性結膜炎の方もいらっしゃいます。
そのような方が、どんなアレルゲン(原因物質)に反応して目のかゆみ(アレルギー)が出るのかを知ることが出来れば、今後アレルギーとうまく付き合っていけるようになります。そこで今回、当クリイックでは、『イムノキャップラピッド』という、指先から少量の血液を採取した後、約20分待つだけでアレルゲンを特定できるキットを導入しました。
判定可能なアレルゲンはハウスダスト系のダニ・ゴキブリ・ネコ・犬、花粉系のスギ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギの合計8種類です。日常生活の中で目に付着、体内に吸い込んでしまうような主なアレルゲンはほぼカバーされています。
検査結果をもとに症状を発症悪化させている原因を特定し、対策を講ずることでより高い治療効果が期待できます。
ご興味のある方は、スタッフにお声をかけてください。  (副院長 記述)

カテゴリー| アレルギー性結膜炎

副院長に中安弘毅医師就任

2021.03.19

令和3年4月より私の長男中安弘毅医師が、副院長に就任いたします。大学卒業後13年間、大学病院、地方の中核病院等、眼科臨床の最前線で研鑽を積んでまいりました。特に種々の眼科疾患に対するレーザー治療、外眼部小手術、網膜疾患に対する硝子体内薬物注射、眼瞼痙攣に対するボツリヌス注射、白内障手術等の治療法に興味を持っていたようです。その様な臨床経験を活かし、当クリニックでも患者様お一人おひとりの立場に立って、医学的根拠に裏付けられた的確な眼科医療を展開してくれるものと期待しています。

新たに就任する副院長中安弘毅医師をどうか宜しくお願い申し上げます。

院長、副院長の診察日は担当医表でご確認いただき、お間違えの無いようご来院ください。

なお、火曜日の午後は、従来通り安藤玲子医師の担当です。丁寧で優しい診療の安藤先生も、宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー| その他

当院における新型コロナウイルス感染防止対策

2021.01.27

新型コロナウイルス感染拡大防止の為、東京では現在2回目の緊急事態宣言が出されています。感染を恐れて、これまで定期的に医療機関を受診されていた方でも通院を控えている方がおられると思います。そこで、当院を受診しようとする方に少しでも安心してご来院いただけるように、私たちが現在実施している感染防止対策をご紹介したいと思います。

1.紫外線(UVC)による空間除菌装置を(大小)2台設置しています。

2.検査機器は、使用後必ずアルコール消毒しています。

3.出来るだけ窓を開けて、換気に努めています。

4.室内空気の循環の為、3台のサーキュレーターを使用しています。

5.室内湿度を一定に保つ為、3台の加湿器を使用しています。

6.診療開始前にスタッフ全員の健康状態(検温等)をチェックしています。

7.スタッフ全員、マスク着用と出来るだけこまめな手洗いをしています。

8.ご来院の際にはマスク着用、手指のアルコール消毒をお願いしています。

9.受付に飛沫防止用の透明アクリルボードを設置しています。

10.体調の悪そうな方には、お声を掛けさせていただいております。

11.診察時間、検査時間を出来るだけ短縮して院内での密を避けるようにしています。

12.待合室が混雑した場合は、一時的な外出をお願いしています。

以上の様に、出来る限りの感染防止策を実施しています。安心してご来院いただくようお願い申し上げます。

カテゴリー| その他

花粉によるアレルギー性結膜炎

2021.01.10

皆様、明けましておめでとうございます。

昨年(令和2年)は、コロナ、コロナで明け暮れた1年でしたが、年が明けても全く収束の兆しが見えません。遂に1月7日関東の1都3県に2回目の緊急事態宣言が発出されました。そんな深刻な状況ではありますが、一方で連日のコロナ関連報道には少々うんざりしている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、コロナとは全く別の話題、「花粉によるアレルギー性結膜炎」の話をしたいと思います。

先ずは、この病気の成り立ちについてお話します。スギなどの花粉が眼局所(結膜)に接触すると、肥満細胞に働きかけてヒスタミンと言う化学物質を遊離させます。遊離したヒスタミンは、結膜組織内にある三叉神経細胞のH1受容体に結合する事により痒みを惹起します。また、同様の機序により結膜毛細血管を拡張させて充血や浮腫(むくみ)と言った炎症反応を引き起こします。この様な状態が「花粉症によるアレルギー結膜炎」です。この疾患に対する主な治療法は、抗アレルギー薬の点眼です。抗アレルギー薬の作用点は、3つあります。先ず1番目の作用点は、肥満細胞からヒスタミンが遊離するのを抑える働きです。2番目には、三叉神経等の結膜組織内細胞にあるH1受容体に結合して、ヒスタミンが受容体に結合するのをブロックする働きです。更に3番目の作用点は、花粉飛散の前に予め投与することによって、ヒスタミンの結合可能なH1受容体の数を減少させる働きです。点眼薬の種類によっては、1番目の働きのみのもの、1,2番目の働きがあるもの、更に3つとも作用点があるものなどがあります。最近特に3番目の働きが注目されています。抗アレルギー薬を花粉の飛散開始日より2~3週間前から投与する事によって、ヒスタミンの付くH1受容体の数を予め減少させておき、痒みなどの症状の発現を遅らせ、かつ重症化させない効果があると考えられています。所謂、「初期療法」呼ばれる投与法です。

今年の関東地方におけるスギ花粉の本格的な飛散開始日は、2月中旬と予測されています。とすると、抗アレルギー薬の点眼は、1月下旬から始めるのが症状軽減の為に有効と思われます。毎年花粉症に悩まされている皆様、今年は少し早めに抗アレルギー薬の点眼を開始する「初期療法」を試してみてください。

カテゴリー| 結膜疾患

1 / 512345